1114(土)・15(日) 
高祖会(こうそえ)が奉修されました。

新型コロナウイルスの第三波が襲来しその脅威を身近に感じつつ、万全の体制を敷いて、11月14日と15日に、令和2年度「高祖会」が奉修されました。
今回の高祖会は感染症防止対策として、インターネット参詣を奨励し、法要の模様をライブ配信させていただきました。
第二座は、八王子 清流寺の長谷川清泊副ご住職におつとめいただき、涙を浮かべられながらの御法門では、自らが改良の大事を感得され、その尊さを教えてくださいました。
また、清流寺オーストラリア信徒の光子さんと香里さんのひたむきなご信心の体験談をきかせていただき、現地とは中継を結んでインタビューまですることができました。

高祖会の様子はYouTubeをご覧ください。

高祖会  第一座  御法門 妙深寺ご住職
https://youtu.be/rE2MFK9bTUk

高祖会  第二座  御法門 清流寺  長谷川清泊副ご住職
https://youtu.be/VoogV2lnSQ4

高祖会  体験談 オーストラリア信徒
https://youtu.be/xhLjrkqiZO0



新型コロナウイルス対策に伴う12日までの参詣自粛により、当初予定していた「事前参詣」が実施できなくなったため、高祖会奉修後の16日(月)から22日(日)を「後参詣(のちさんけい)期間として、「事前参詣」の代替といたします。
この「後参詣」期間中に、参詣券(交通安全祈願札、お賽銭等)を持参し、寺務所に提出してください。
また「後参詣」については高祖会参詣人数として集計をいたします。
16日から22日の期間中にぜひ「後参詣」をさせていただきましょう!

− おしらせ −

− 新 着 情 報 −

「ありがとうございます」

生きている有り難さが、

心によみがえる。

− すべての人の、心の家であること。 −

人生はその苦しみも、悩みも、あなた一人で抱えるものではありません。
自分なりに頑張っている。真剣に生きている。なのにどうして・・・

さまざまな問題に立ち向かうとき、妙深寺を思い出してください。
妙深寺に相談してみてください。

根本の原因をともに見つめ、解決していく。
本来の「有り難さ」・「幸せ」を感じられる心に導く。

それが、真の仏教の教えです。

葬式仏教でも、新興宗教でもない。
どんなときでもすべての生きる人に開かれた、心の家。
「無縁社会」ではない、「有縁社会」がここにある。

私たちの人生は、有り難い幸せにあふれているのです。

本門佛立宗についてはこちら

足りないのは

「お寺」では

ないですか?

− 足りないのは「お寺」ではないですか? −

住職挨拶 長松清潤(日桜)

さまざまな方のご相談をお聞きしながら、足りないのは「お寺」ではないかと考えることがあります。

お寺が本来の役割を果たしていたら、世の中も良くなり、人生も明るく豊かになるはずです。
妙深寺は、生きた人のための、生きた人の集う、生きたお寺を目指しています。

葬式仏教でもなく新興宗教でもない。
みなさまの暮らしのそばにある『普通のお寺』を知っていただきたいのです。

『普通のお寺』は本来のお寺、本当のお寺です。
ぜひ、一度妙深寺にお参りください。

妙深寺住職 長松清潤拝

妙深寺のブログ・Facebook・Twitter・YouTube・LINE

       

ご住職のブログ・Facebook・ツイッター・Instagram

   

妙深寺 くんげ会(子ども会)のFacebook

妙深寺 青年会のFacebook・Instagram

 

スリランカ(Sri Lanka HBS)のFacebook

ネパール(HBS NEPAL)のFacebook

インド(HBS Society, India)のFacebook

ボーイスカウト横浜第35団

ガールスカウト神奈川県第24団

◆横浜駅西口より
 ①地下鉄:あざみ野行きにて「三ッ沢下町」(1つ目)下車、徒歩15分位。
 または「三ッ沢上町」(2つ目)下車、徒歩10分位。
 ②バス:市営バス35系統または50系統にて「中丸」または「神大寺入口」下車、徒歩5分位。
◆新横浜駅より
 市営地下鉄湘南台行きにて、「三ッ沢上町」(3つ目)または、「三ツ沢下町」(4つ目)下車、徒歩10分位。
◆タクシーの場合は、いずれも「三ッ沢市営墓地」を目標に10分位。

生きたお寺がここにある。