スリランカ仏教省へ

スリランカ仏教省へ

ありがとうございます。

今日はスリランカご奉公5日目です。

昨晩はみんな遅くまでご奉公をしており、スリランカ開教20周年のご奉公が佳境入ってます。

朝参詣が終わってそのまま、良潤師と一緒に今回の記念式典への招待状を渡しに仏教省や有縁の寺院を訪ねました。

すでにご案内はしていましたが、念押しのための招待状となります。

仏教省では、日蓮聖人を敬う仏教団体に対して「日蓮ブディズム」というカテゴライズをし、排斥するような動きが見られましたが、本門佛立宗はあくまで「Primordial Buddhism」ということで、他の団体と違い、スリランカ社会にも受け入れてもらうことができました。

ディリーパ良潤師も以前は仏教省に行くことも肩身が狭いようでしたが、今は友好な関係を築けているようです。

その後は、開教20周年記念式典の会場となるBMICHのホールの下見をしました。10周年の時のような巨大ホールではありませんが、良い式典となるよう、しっかりと準備を進めております。

コロンボ別院では、立喜師と進之介くんが司会のご奉公者の日本語のサポートをしてくれ、イントネーションなど細かく教えてくれていました。

また、清嵐師と他のご奉公者はシャカキングダムへ行き、時折激しい雨が降る中、建立される題目碑の土台作りをしてました。

明日からはほんとの大詰めのご奉公となります。

ありがとうございます。

兼子清顕

2018-05-22 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 妙深寺