スリランカのお講、ガラス磨き、総打合せ

スリランカのお講、ガラス磨き、総打合せ

ありがとうございます。

今日はスリランカでのご奉公4日目で、日曜日です。

スリランカコロンボ別院では、毎週日曜日に別院にてお講を奉修しています。

3日前に良潤師から「清顕師、今度の日曜日のお講を勤めてもらえますか?」とサラッと言われました(汗)

さすがにお講自体を勤めるのは恐れ多いので、急ぎご法門を用意させていただき、英訳をし、良潤師と打合せをして、拙い英語でご法門させていただきました。

3日前にサラッと言う良潤師に器の大きさを感じます(涙)

私のご法門で申し訳なかったのですが、お役に立てたなら有難いです。

お講の後は、20周年記念団参に備えて、みなさんでガラス磨きなどの法城護持清掃のご奉公でした。

それぞれに普段以上にきれいに掃除をされ、御講有巡教に備えました。

また、法城護持清掃の後は、今回の御講有巡教の総打合せ。

今回は、BMCIH(バンダラナイケ記念国際会議場)、コロンボ別院、シャカキングダムと法要の会場が三ヶ所となるため、全体の打合せの後は、それぞれの担当こどにご奉公割りの確認など詳細を詰めていきました。

妙深寺も御会式前にはガラス磨きや総打合せをさせていただくので、世界共通のご奉公なのだと感激しました。

さすが、Primordial Buddhism。

立喜師、清嵐師、進之介は朝からゴール親会場でのご奉公に出発し、現地でのお講奉修や開堂式の準備ご奉公でした。

清嵐師が涙ながらにゴール親会場建立の喜びを話し、大変感動的な法要となりました。

夕看経の後は、良潤師の部屋の御宝前で奥さんのケネカの無事安楽産福子のお助行をさせていただきました。

その後は演劇チームは練習、私と良潤師はプログラムの詳細を詰めております。

今晩は長くなりそうです(汗)

ありがとうございます。

兼子清顕

2018-05-21 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 妙深寺