妙深寺の平成最後の御会式、門祖会第二座のスピーチ。

妙深寺の平成最後の御会式、門祖会第二座のスピーチ。
航平くん、亮輔くん、拓哉くんの、素晴らしいお話です。

3月号の『妙深寺報』に掲載されているのですが、文章では伝わないので動画を観ていただきたいです。

寺報もネットでの配信も大切だと思っていますが、やはり功徳と御利益につながるのはライブでのお参詣、自分の目と耳でダイレクトに見聞きすることですね。

「御法門は目で聴きなさい」とも教えていただきます。目をつぶったり、下を向いていてはいけないのです。

3人のお話を聞いてみてください。

彼らと真剣に向き合ってきた博くん、本当に頭が下がります。

お寺と共にある暮らし。

もっともっと、お寺が家族を支え、子どもたちを育て、見守り、人生に欠かせない場所としてご奉公させていただきたいです。

人生に足りないのは、お寺かも知れません。

2019-03-02 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 妙深寺