陸前高田うごく七夕まつりの復興支援。

陸前高田うごく七夕まつりの復興支援。

2011年3月、東日本大震災のによる大津波の被害により、この地、陸前高田も壊滅的な被害に見舞われました。

以来、妙深寺は、長松住職が先頭にトラックを運転して、福島、宮城、岩手とへ何度も足を運び、支援物資を届けました。

その年、もはや夏祭りは不可能と誰もが考えていました。

ある日、子どもが「今年は七夕、でけねーの?やんねーの?」と言うのを聞いて、

福田紀雄さんは「そうだ!子どもたちのためにも、今年はツナミででけなかったと言わせちゃいけねぇ」と。

そして妙深寺の七夕まつり支援、山車に御本尊さまをおまつりし、運行祈願と慰霊供養の支援が始ったのでした。

七夕まつりは、もともと亡くなられた先祖の供養のまつり。織姫と彦星の物語は、彼の岸の霊魂と出会う意味だったそうです。

今年も、子どもたちの元気な姿を、亡き魂に、見てもらえたでしょうか。

阿部信仰

2017-08-07 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 妙深寺