2021/04/01 教務部

4月以降のコロナ対策について

①通常のお寺参詣について

★朝参詣の参詣自粛を全面解除いたします

 大きな行事以外の、朝参詣やお総講の参詣自粛を解除します。
 自動車や徒歩の方、公共交通機関を利用される方など、交通手段に関わらずお参詣が可能です。特に電車・バスをご利用の方は、乗降時に手指消毒を徹底するなど、個々で充分に感染対策を行い、気を付けてお参詣ください。
 ただし、必ず家族の同意を得てください。同意が得られない場合はお参詣をお控えください。

※当番参詣・法城護持清掃も通常通りに再開いたします。
※閉門時間は【夜9時】、
緊急事態宣言が発令されましたら【夜8時】といたします。

 ■ただし、以下の感染対策を厳守してください

  • お参詣の際は、自宅で検温を行い、37℃以上の場合や体調がすぐれない場合は、お参詣をお控えください。
  • 必ずマスクを着用しましょう。ウレタン製は避けてください。
  • 手指消毒を頻繁に行ってください。
  • 密集・密接・密閉の三密を避けてご奉公いたしましょう。

 特に寺務所周辺は密になりやすいので注意しましょう。

  • お寺での飲食は原則禁止といたします。どうしても必要な場合は、1m以上の間隔をあけ、会話をせず食事をとってください。
  • こまめに換気を行いましょう。
  • 本堂の座席数をへらしています。また、感染者が出た場合の追跡調査のため、本堂を常時録画いたしております。ご了承ください。

 

②教区お講について

教区お講は、これまで同様、お寺をお席としての連合合同のお講といたします。お参詣の制限は行いません。ただし、本堂の座席数は通常より減らしていますので、大広間や第二本堂などに分散してお参詣ください。前助行も通常通り行います。

 

③部内のご奉公について

部お講は、部ごとに受持とよく相談し、オンラインお講、巡回部お講を、適宜奉修してください。
また、日々の巡回助行も再始動し、玄関先や短時間のお看経などで、コミュニケーションを図りましょう。

※事前に必ず訪問先に連絡をして、了承を得てから伺いましょう。
※お席での飲食は控えるようにいたしましょう。

●感染対策を充分に行い、気を付けながら、前向きにご奉公させていただきましょう。よろしくお願いいたします。