ネパール出張ご奉公その3

24日ですが、本日は清地師が風邪でダウンしてしまい、清天師と私達3人だけでご奉公でした。言葉が心配でしたが、清従師と2人で協力しながら頑張って話をしました。
朝参詣の後、まずネパール別院から歩いて15分くらいのところにあるタマン村でお助行を3件させていただきました。
別院の側にある村は、山の斜面にあるので村の1番上に登り、順々にお助行しながら降りてくる感じです。
そして、午後はネパール別院のある山の隣の山にお教化に行きました。片道1時間かけて
道なき道(現地の人にとってはおそらく普通の道)を進み、山をくだり、谷の川を越え、岩場を進み、再び山を登って目的の家へ行きました。
ここには、清天師も清地師も一度しか行った事がないそうで、今日は約3時間ずっとご信心を含めて色々なお話をさせでいただいて、その結果、無事にお教化になりました。
隣の山の村では、まだ誰もご信心をしてないとの事で、隣の山のご信者さんの第1号になったそうです。
そして、また同じ道無き道をまた歩いて戻りました。私達は、全員ヘトヘトになって帰って来ました。
戻ってきましたら、清地師も回復しており、明日は頑張りますと言っていました。