ネパール出張ご奉公その1

昨日は羽田空港を午前0時20分に飛び立ち、風の影響等で少し遅れましたが、現地時間の午後2時頃に無事に到着いたしました。
今回は、岩澤清従師、黒﨑直和さん、私・堤清信がご奉公をさせていただいております。

空港では、清天師、清地師、そして現地信徒の方々が温かく迎えてくださり、その晩に泊めていただくJeewanさんが経営するホテルへ、そしてJeewanさんのお宅でお助行。
その後に現地信徒のSunilさんのお宅でお助行をさせていただきました。

移動はタクシーと歩きでしたが、信号機が全く見当たらず、交通量の多い大通りを横断する時は、タイミングを見て、手で車やバイクを制止しながら進みます。まさに波乱万丈!
そして、大通りから小さな小道に入れば、伝統的な建物な並ぶ通りもあれば、現代的な建物が並ぶ通りなど、一つ一つの事に文化の違いを感じます。

その中でも御題目をお唱えする事は一緒で、そこに文化の違いはなく、お助行ではご近所の方や通り過ぎる方にお唱えした御題目が聞こえるほど、熱いお看経でした。
本当にありがたいです。

こちらは、2日目の朝を迎えました。
今日はネパール別院へ向かいます。