教え導き、正信へ変化させる意で、正しい信仰心を起こさせること。菩薩行の根本。

僧侶を教務といい、信者、信徒を講務と呼ぶ。壇家や壇徒という名称は用いない。ただし、これは少々堅苦しい言葉で、通常は、僧侶のことを「お教務さん」「お講師」、信徒のことを「ご信者さん」と呼称する。

法華経如来寿量品で明かされる、お釈迦さまの本当の姿。それまで、お釈迦さまは、釈迦族の王子として生まれ、出家して修行の末に初めて成仏をしたと説かれていたが、法華経の中で、お釈迦さまは、自分は久遠の昔に「菩薩行」という修行の末に妙法と一体となった、「本仏」であり、いろいろに姿を変えながら、ずっとこの世界におり、人々を救い続けている存在であることをあかされた。

法をひろく広めること。御題目が一人でも多くの方に伝わるこが当宗の目的である。お祖師さま(日蓮聖人)は、全世界に弘通することを目指された。

妙法、御題目を人の心の底に植え付けて(下種)、仏様との縁を結ばせる(結縁)こと。

熱心に信心することによって、現実にお経文に示された通りによい結果が顕れること。妙法の正しさと、未来成仏の証が現実の証明として眼の前に現われることをいう。一般でいう“現世利益”とは違い、自分の欲望を叶えることではない。

佛立開導日扇聖人が、法華経の高遠深広な教理と修行の方法を、平易な和歌に詠み込まれたもの。およそ三千余首が残されている。佛立宗の法話(御法門)はこの御教歌をテーマとして説かれることが多い。

一般的に神仏をまつった場所の前を尊んでいう言葉。佛立宗では御本尊を奉安した御戒壇をいう。

一般にいう説教・法話の意で、本門佛立宗では、お寺やお講で説き示される教えのこと。正しい信心の在り方や仕方を学ぶ基本。もともとは仏の教えのことで、その教えの門から入って悟りに到るといわれた。

御妙判とは、お祖師さま(日蓮聖人)の書物の一節のこと。御指南とは、門祖日隆聖人・開導日扇聖人、その他先師の書物の一節のことをいう。本門佛立宗の教務(僧侶)が御法門(法話)をするときは、今話している内容が自分勝手に言っていることではなく、先師聖人方もちゃんとこうおっしゃっているのだと証明するために、これらを引用することがある。