釈尊が入滅して二千年を経て仏の教えだけは残っていても修行や悟りはなくなるという濁世の時代。