法華経二十八章のうち、前半の十四章(品)を迹門といい、後半の十四章を本門という。迹門とは迹仏の説かれた御法門、つまり釈尊があくまで歴史上の聖者、人間釈尊として説かれた教えという意味。一方、本門はその釈尊がご自身の本身は永遠の命を備えた根本仏、久遠の本仏であるということを明かされた上で説かれた法門のこと。