感謝と感激の意味で、御法に出会えた身を喜び、その教えを信じて随い、人の幸福を素直に喜ぶこと。常に感謝の念をもって日々を送る中に、また新たな喜びが生まれる。