久遠の本仏が、久遠の時代にお教化をしたという一番弟子で、釈尊が法華経を説かれたとき、末法の世に妙法を弘めるように任命した四人の菩薩(本化の四菩薩:上行菩薩、安立行菩薩、浄行菩薩、無辺行菩薩)のうちの最も上位の一人。