妙法弘通の方法で、人々の迷いの心を折り伏せ、妙法を持たせること。現代にあっては、誤った考えを慈悲をもって打ち破り、正法に従わせるという、厳しい方法に依らなければ、人々は救えないとされる。折伏はあらゆる善行功徳のなかの第一のものと教えられる。