罪を悔い改め、ゆるしを願うこと。罪にも二つあり、一つは道徳上・法律上の罪、もう一つは謗法罪といい、正法に背くことで、これは知る知らずにかかわらず人が生まれ持っている罪であるとされる。これらの罪を告白し、これからは正しい道を修行し、善行功徳を積むと誓うこと。