一般にいう説教・法話の意で、本門佛立宗では、お寺やお講で説き示される教えのこと。正しい信心の在り方や仕方を学ぶ基本。もともとは仏の教えのことで、その教えの門から入って悟りに到るといわれた。