妙法、御題目を人の心の底に植え付けて(下種)、仏様との縁を結ばせる(結縁)こと。