自分が持っているものを、他に振り向けること。これら回向の対象として、過去の衆生(亡き人々)、同信の人々、そして広く一般の人々がある。