『寒参詣』始まりました。

『寒参詣』始まりました。

本日から2月5日までの寒参詣が始まりました。

寒参詣は、佛立宗の伝統的な修行です。
お祖師さま(日蓮聖人)が極寒の地、佐渡ヶ島にご流罪になった時、あてがわれたお住まいは、外から雪が入ってくる隙間だらけのあばら家でした。
 そこに「念仏は地獄に堕ちる」などという法華の僧を切り殺そうと、阿仏房という念仏の信者が乗り込んで来るのですが、反対に「念仏の教えは方便。法華経こそ仏さまが説かれた真実経である。」とお祖師さまよりお折伏を受け、お教化になったのでした。
 以来、この阿仏房と妻の千日尼は、監視の目をかいくぐりながら、毎日、お祖師さまにお食事を届けるというお給仕の誠をつくされたのでした。
 私たちはこの阿仏房と千日尼のお給仕と寒中のお参詣の精神にならって「寒参詣」をさせていただいております。

そして、初日の今日は一年間のご奉公の方針をご信者さん同士が共有する為の合同協議会が開催されました。
ご信者さんは、手にペンを持って色々なメモを取っていました。ありがたいです。

一年の計は「寒参詣」に有りです。
一ヵ月間、頑張ってまいりましょう!!

2018-01-06 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 妙深寺