ネパール出張ご奉公その6

今日は、ネパール別院でのご奉公の最後の日。
別院を8時30分に出発。山道を歩いて登って1時間。けもの道かと思いきや、子供たちの通学路。日本人の私たちはヘトヘトなのに、子供たちはサンダルでスイスイ登って行きます。
今日は、4軒のお助行のご奉公です。
お助行では、お席主の皆さんが進んでおあかりを付け、お線香をお供えする。一緒に御題目をお唱えできる。日本では当たり前かも知れませんが、ここはヒンデュー教やチベット仏教が根強いネパール。本当にすごい事だと思います。
そして、ここで予定外のご奉公が・・・。
突然、「奉安のご奉公とお助行をもう1軒」とお願いされました。
奉安先はセティマヤさんのお宅。セティマヤさんは、ペンダント御本尊を護持されていて、清従師に勤めていただいた夜の御講やキッズデーに村の子供たちと一緒にお参詣されていた方。清地師から伺うと月始総講にもよくお参詣をされているそうです。今日は、カトマンズから娘さんとお孫さんも来て、奉安を迎え、一座のお看経をいたしました。
大変、喜んでおられました。
お助行も無事に終えて、日が陰ってくる中、無事に別院に戻って参りました。

明朝、別院を後にしてネパールの首都・カトマンズに戻ります。