妙深寺の桜は、町の風物詩。観桜会を開催するなど、町内の方々との交流を大切にしています。
妙深寺の桜は、町の風物詩。観桜会を開催するなど、町内の方々との交流を大切にしています
妙深寺について
妙深寺の桜は、町の風物詩。観桜会を開催するなど、町内の方々との交流を大切にしています。
横浜の丘の上の「妙深寺」は、本門佛立宗の教えを現代に活かす「生きた」お寺です。ご住職をはじめとして、各お講師方が毎日獅子奮迅して、信徒の方々と向き合っています。どうしたら、今の悩みを解決できるか、現証の御利益を感得していただけるか。
いじめや虐待などの人の心の闇を少なくできるか。一人でも多くの人に教えを伝えられるか、現代のお寺の常識を越えた挑戦を重ねています。
「朝参詣」
「朝参詣」
「朝参詣」

妙深寺では、毎朝6時半~8時(日・祝日8時~9時)に朝参詣が勤められており、毎日たくさんの方がお参詣され、菩薩(仏さまのお手伝いができる人)をめざしてご祈願、お看経(おかんきん)に励まれています。
毎日の御法門(わかりやすい仏教法話)には、幸せな人生を送るヒントがあふれています。
ぜひ、妙深寺にお参詣ください。

「お講」
「お講」教えや悩みを分かち合う場
「お講」教えや悩みを分かち合う場

地域の信徒が自宅を会場として集まり、お講師を招いて営まれる法要がお講です。
御法門(法話)をいただく場、ご祈願や先祖供養、お講師や信徒同士の語り合い、相談の場として、本門佛立宗の信仰活動の基本です。
人生の助けとなる教えは、実践していくもの。
個人のお宅にお邪魔するのは気がねと思われる方もいるかもしれませんが、多くの方に気軽に来ていただいてこそ、喜びを感じるものです。
お住まいの地域のお講席に、ぜひお参詣しましょう。

世代を越えて、町から社会へ。
世代を越えて、町から社会へ
お寺は、幅広い世代、さまざまな職種の人々が集う場所。
妙深寺では未来をになう子供たちの心豊かな成長のための環境づくり、
シニアの方々の助け合いなど、家族や地域を越えた交流活動に取り組んでいます。

また、妙深寺では、災害被災地への炊き出しなどの支援活動も積極的に行っており、
災害時にはお寺を避難場所として開放できるよう、食料品や寝具などの備蓄を行っています。
ボーイスカウトガールスカウト開導まつり青年会
「お講」教えや悩みを分かち合う場
海外での活動
仏教の教えは、国境も、人種も越えて、すべての人々を幸せにするもの。
妙深寺ではスリランカ、ブラジル、シンガポール、韓国、イタリアなど、海外でも精力的なご弘通(ぐづう)や交流をしています。
世界中に仏さまの教えが広がり、その素晴らしさが感じられています。
スリランカ牛乳子どもたちと
人生の節目だから、心のこもった法要を。
人生の節目だから、心のこもった法要を
ご回向(えこう:お葬式、法事)などの先祖供養をはじめ、結婚式、成人式、七五三など、冠婚葬祭の各種行事を、信徒のみなさまのご要望に応じてお勤めさせていただきます。
七五三成人式結婚式
施設のご案内
施設のご案内
いつでも、みなさまに気持良くお参詣いただけるよう心がけた各施設でお迎えします。
本堂第二本堂納骨堂階段昇降機
信で結ばれた社会活動 (財)佛立生活文化研究所
信で結ばれた社会活動 (財)佛立生活文化研究所
仏さまが立てられた教えに基づいた社会生活、仏教的なライフスタイル、佛立的な社会を具現化していくために、「食・農業部門」「冠婚葬祭部門」「福祉・教育部門」それぞれの分野の社会問題解決に向けて取り組んでいます。

○妙深寺農園を運営。
○「朝市」の開催。
○福祉施設で作ったパンの販売サポート。

*今後取り組んでいく予定。
○無駄なお金のかからない葬儀。
○定住型の老人福祉施設の設立。
○まごころこもった婚礼サポート。
○幼稚園の設立。
ボーズバ―”ロータス”
信で結ばれた社会活動 (財)佛立生活文化研究所

月に一度、妙深寺の一室に開店するバー。
キャンドルが灯る幻想的な店内で、時間を忘れて思い思いの話に花が咲く。
お坊さん(お講師方)がホストになっておもてなしいたします。
*今月の開店予定は、「今月の行事」でご確認ください。
Copyright (C) 2012 Myoshinji. All Rights Reserved.